「気分転換に行こう!」と夫に誘われ、旅行に行くことになった。

ほぼ1年ぶりの旅行~!と子どもたちとわくわく。

夫が選んだ旅館は「あそこの料理はおいしかった~」と3年経っても

私が語っていたところ。

「ダシがおいしいって、こういうことか!!」と感動した味です。

今回も相変わらず、素晴らしくおいしかった。

もうあのダシを持って帰りたい!!と毎回、思う。

料理の写真を撮るぞ~!と思いつつ、つい刺身を食べてしまい、

カニが出てきてもすぐにほじる、

カメラの存在を思い出したころにはお皿は空。

素敵な料理の写真をアップしている人たちをブログで見かけると、

私も美しい料理に出会った時には写真を…と思うものの、

目で味わうよりも、口で味わおうとすぐに口に入れてしまう。

そして、感想は「おいしい!!」しか言えない。

写真を撮る前に食べてしまうたびに、いやしいっていやだわ~と

思っていた。

でも、これはこれでいいのかもしれない、と思った。

先日、素敵なレストランに”お礼”という名目でごちそうになった。

そして、その友人、料理を見ると

「おいしそう~!」とパシャリ。

…撮影するのか!と衝撃を受けた。

それほど気取ったレストランではなかったから、

写真撮影はありなのかもしれない。

ただ、それを友人といるときにすることにとても

違和感を感じた。

スピード命のようで、すかさずFacebookに投稿。

私はただただそれを眺めて、「うーん。。。」と考え込んでしまった。

自分が夢中になっていると、気づかないかもしれないけれど、

私はこういうことはしたくない。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村