Swiftで遊ぼう!の古い記事-> Life-LOG OtherSide
質問 : Swiftで遊ぼう! - 252 - FaceViewプロジェクト始動 - Swiftで遊ぼう! on Hatena

UITableViewControllerを用意すれば、MVCでUITableViewを制御するパッケージが自動的に提供されます。しかし、このパッケージで用意されているViewはUITableViewだけなので、もし他のViewも必要なら、オブジェクト・ライブラリからUITableViewをドラッグする従来通りの方法をとる必要があります。

UITableViewControllerをオブジェクト・ライブラリからドラッグする方法もあります。この場合はViewがUITableViewになります。こういう場合はカスタムで用意するUITbleViewControllerをアイデンティティ・インスペクタから選ぶ必要があります。

UITableViewControllerとUITableViewには密接な繋がりがあります。それが2つのデリゲートです。ジェネリックな存在であるUITableViewの挙動はすべて人任せ。デリゲート(委任)してしまうので、プロトコールとしてUITableViewDataSourceとUITableViewDelegateをViewControllerに組み込む必要があります*1。

UITableViewControllerを使えば、この繋がりは自動でできています。

f:id:yataiblue:20150512064126j:plain

自分でUITableViewを組み込む場合、必ず自分で2つのデリゲートを繋げる必要があります。

今日はここまで。

*1:プロトコールとデリゲーションのステップ4です。