ながら

2017/11/18

f:id:sherwood_ts:20170522231744j:plain

Nikon D750 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR f/9 1/1250 ISO800 500mm

 

今日は、本当にいい天気だった。

そんな中、アウトドアな一日を過ごした。

 

テントを張ったり、

クラフトづくりをした。

 

その中でも、私の中での

メインイベント。

それは、ダッチオーブンで焼く、

アップルパイだ。

 

パイと言っても、

パイ生地は冷凍食品を使う。

最近の冷凍食品はよくできていて、

とてもおいしい。

 

まずは、リンゴをソテーするんだけど、

この時の味付けが、

大切だけど目分量。

グラニュー糖を「サラサラサラ~」っと、

適当入れる。

次に、シナモンも居れてる。

そして、レモン汁を少々入れる。

 

そして、ソテーしたリンゴをさまして、

伸ばしたパイ生地に入れる。

その時に卵黄は欠かせない。

 

そして、ダッチオーブンに投入。

ダッチオーブンは、

あらかじめ温めておくことが肝心。

 

ダッチオーブンの底に、

適当な鉄の敷物を入れて

その上に、パイを置く。

 

火加減が難しい。

ダッチオーブンの基本は

下に3。

上に7。

パイ自体は、そんなに火力を必要としないので、

沢山の木炭はいらない。

下に3つぐらい

上に5つぐらいで十分だ。

あれ、3対7になってないけど、

あくまでイメージ。

 

焼くこと約30分程度。

そう、30分程度でいいし、

いい匂いがそのころには、

漂ってくる。

 

はずが、

 

テントを立ていて、

気づけは

45分。

 

そう、

焦げていた。

 

無茶苦茶さみしい、

真っ黒なパイが焼きあがっていた。

 

やっぱり、

ながらはいけなかった。